自然葬は普通のことと

最近、自分の遺骨に対しての思いがはっきりとしてきて、自然葬を求める風潮があります。今日の日本では人が死んだ後の遺骨は墓地に埋葬されています。しかし、古来日本では墓をたてるということは一般的なことではありませんでした。一部の上流階級を除いて庶民派遺体を海や山に捨てるのが普通だったのです。

遺灰を海や山にまく散灰も古代からありました。現在のように1つの墓に何人も入るというようになったのは明治の終わり頃からになります。日本では遺体をそのまま海や山に捨てるようなことは現在ではできません。しかし、遺灰を海や山にまくことが節度のある方法で行われるのであれば法律に触れるようなことにはならないのです。

私たちは先入観より自分の遺骨をどこに葬送するのかという自由を自ら失ってきているともいえます。生きている人の数には限りがありますが、死者の数は増えていくだけになります。無限に増えていくのです。狭い国土の中で墓地が不足していくことは大きな社会問題となっています。

墓地建設を行うことで大切な環境を破壊してしまうのです。また、お墓のたてるときの費用も大きなものが要るようになっていることもあり、永代供養ができない単身の人や子供のいない夫婦などにとって墓地に墓をたてることをやめて自然葬にすることを望むのです。それは、散骨を行った場所が、大きな地球が自分の墓であるという考えとなるということで、現在は子孫がいるとかいないに関わらず自然葬を希望する人が増えてきたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*