今支持されている自然葬とは

自然葬とは、死して自然にその肉体を還すことで、鳥葬や風葬、水葬、土葬なども含まれます。日本においては土葬が主で、地域の風習や信仰などから鳥葬や風葬が選ばれることもありました。疫病や、多大な死者が出るような天変地異などが起こった場合には致し方ないものですが、火葬されることはほとんどありませんでした。しかし明治時代以降になってからは火葬が主となり、火葬した後の遺骨や遺灰をお墓に納骨することが一般的になりました。

ところが今、都市への人口の集中やなどの背景によって、お墓の購入が高価なものとなり、なかなか手に入れにくい状況になってきました。また核家族化、少子化、非婚傾向によって、お墓があったり購入することが可能でも、維持してゆくのが難しいと不安を抱える人も増えました。そういった時代にマッチしたのが、今風の「自然葬」です。空からまく散骨や海に還す海葬、樹木のもとに散骨する樹木葬など、ニーズに応えるラインナップも豊富になりました。

金額が抑えられることからお墓が購入しにくい、後のことが心配などの現実的な問題答えられる方法であるといったことももちろんですが、「自然葬」は個性の表れとして指示されています。自分に合ったものが選択できる環境となりました。ただし場合によっては地域住民との諍いのもととなることもあります。自分が希望するところに勝手に散骨することも許されません。

法律を熟知し、地域住民絵の配慮も行っている、専門業者に依頼するのがベストです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*