日本における自然葬の実情

自然葬とは一般的な葬送である墓石の下に埋葬するのではなく、海や山などの自然に遺骨を還す方法です。そもそも古来の日本では川や山に遺体を還す方法が主流でしたが、明治政府の国家規制によって現在の葬送方法が確立されました。その規定は戦後も長く続き、遺骨遺棄罪として違法行為と定められ、復活できたのは近年になってからです。そこまで至るまで活動した方々の活躍が復活の要因のひとつですが、大きな要因は墓の維持費が難しいという経済的な原因が一番です。

もちろん自然葬を希望する全ての方が先述した理由で葬式を希望されるわけではありません。しかし高齢化などの社会問題が葬儀にまで影響を与えているのは事実なのです。そんな日本で一般的に受け入れられている自然葬は、火葬した後に遺骨を砕いて遺灰を自然に撒く散骨と墓標代わりに樹木を植えて埋葬する樹木葬となります。他にも葬送方法として遺体を風にさらして風化を待つ風葬や鳥に食べさせる鳥葬、海や川に沈める水葬などがありますが、法律や宗教の問題が関わるためにトラブルは避けられません。

例えば先述した散骨も、まず撒く場所を選ばなくてはいけません。港や漁場に近くでは避けるべきといわれており、陸地では必ず土地の所有者の許可を得なくてはできません。たとえ自己が所有する土地でおこなったとしても近隣の住人の迷惑を考慮しなければ、トラブルのきっかけになります。ですが散骨はあくまで個人が実行するには難しいだけですので、専門の業者か葬儀社に依頼して相談しましょう。

一方、樹木葬は墓石のかわりに樹木を用いている点以外は通常の墓地埋葬に沿った方法と変わりません。とはいえ、許可された場所以外では樹木葬は認められていないので要注意です。どんな葬式でも周囲の人々の理解と協力あってこそ、行なえるものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*