自然葬についての知識

自然葬とは、通常の葬儀であればお墓に遺体や遺灰を還すが、この自然葬の場合は墓ではなく、名前のとおり海や山などし自然に遺体や遺灰を還すことによって自然に大きな循環の中に回帰していこうとする葬送の方法のことです。また、風葬や鳥葬、水葬や火葬、土葬など自然に回帰するような葬り方すべてのことをさすこともあります。自然葬の発生(由来など)については、葬儀される側の自然に帰りたいという意思を叶えるために生まれたとされています。最初のほうでは、この自然葬について墓地、埋葬等に関する法律で墓地以外には遺体や遺灰を埋葬してはならないと規定されていて、さらに刑法の遺骨遺棄罪の規定もあり、この方法で葬儀を行うことが出来なかったが、1991年に法務省や厚生省から追認されるようになりました。

最近の葬儀では、心がこもっておらず、無駄にお金だけがかかってしまう葬儀が多いため、現在の葬儀方法よりも自然に還したほうがいいのではないかという風潮があります。また、環境破壊が進んでいく世の中において、自然を削ると言っても近くに遺骨などがあれば、自然を壊される心配がないという自然保護にも繋がります。この葬儀方法は、人間だけではなく自分の買っていたペットや動物などでも行うことが出来ます。また、自然葬を行うことはめったにないことであり、土に還り、養分となり自然を形成していくなどのことによって魂が循環されていくと考えられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*