自然葬を行うための一般常識

自然葬という考え方の樹木葬や海への散骨といった行為が、法律に触れるのではないかとご不安な方もおいでだと思います。明治に制定された「墓地及び埋葬取締則」が昭和23年に改正され「墓地埋葬等に関する法律」が交付されました。自然葬で散骨する行為が刑法190条に抵触するのではという懸念は、これまでに様々な団体による取り組みや現代の家族構成など社会的な要請の高まりなどによって、法務省も自然葬での散骨について「節度をもって葬送の一つとして行われる限りは問題ない」としました。節度とはどういうものかといえば、一般常識内で他人に迷惑を掛けないことであり、個々の判断に任されています。

散骨する時の注意点は、そのままの形で散骨しないこと(知らない人が見つけて死体遺棄になってしまう可能性があります)や骨と分からないくらいに粉末化(日本では規定されていないが2mmくらいまで砕く)することなどがあげられます。また、他人の土地には散布しないまたは了解を得ることが必要であり、環境問題に配慮して飲み水となるような川の上流や自然に還らないような場所や家族の好きだったお供え物などを一緒に撒かないことなどがあります。ビールやジュースなどの入れ物等は持ち帰り、お花も茎は取り除き花の部分だけを使ってください。そして一番重要なのは葬送の目的を明確にすることで、自然葬は遺骨を捨てるのではなく、家族である人を見送る行為だということです。

喪服のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*