自然葬の方法とニーズ

自然葬とはお墓を持たず、海や山へ散骨をして魂を弔う方法のお葬式です。自然の中へ遺灰を自然の大きな循環の中に還すという考えで行われます。散骨は海外ではとても一般的に行われています。ライシャワー元米駐日大使、ネール元首相、周恩来元首相やフランスの俳優ジャンギャバンなど、著名人が生前の意志によって遺灰を自然の中に散骨されてきました。

自然葬と聞くと遺骨を粉砕し散骨するイメージがありますが、最近では骨壷を使わずにそのまま遺灰を土中へ埋葬したり、地中で分解できるような骨壺を使って埋葬するなどの方法も行われています。最近ではお墓を持たず自然葬を希望する方が増えています。それは自然へ帰りたいという思いというよりは、お墓参りなどの習慣がなくなっていたり、シングルの方が増え子供を持たない方が増えたため、墓の管理ができないということも理由の1つだと考えられています。散骨はどこでも好きなように行っていいものではありません。

自然環境に影響がないように指定された場所や許可をとらないと散骨することはできません。そのため近年では散骨をプロデュースする会社などもあり、そこで場所などが紹介されます。そのような会社では散骨する場所まで船などを出してくれる他にも様々なサービスがあります。火葬から散骨まで一括で行えたり、沖縄のようなリゾート地で散骨することもできます。

また遺族によっては遺灰をそばに置いておきたいという方もいらっしゃいます。そんな時はダイヤモンドに加工するという方法もできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*