なかなか難しい自然葬

自然葬とは、お墓つまりは墓標がある場所に埋葬せずに、海や山に遺体や遺灰をかえすことを意味します。土や海の一部となり自然に還りたいという気持ちからこの自然葬という考え方が最近強くなってきています。これは自然に還りたいという気持ちの方もいますがお墓自体の維持にはやはり管理するための労力やお金が不可欠です。残された家族への負担をすこしでも減らしたいという気持ちからきている部分もあります。

よくドラマなどで、私の骨は海、山にまいてください。というようなセリフや遺書が出てくることが度々ありますが実際のところそれはそれでいろんな手続きをしなければならないのでとても大変なのです。実は海や山全ての場所で勝手に遺灰をまくことは許可が必要になってくるのです。亡くなられた方の希望で家から近い山に散骨してほしいという希望があったとしても、その散骨したい場所の持ち主に許可を得なければならないのです。

それは個人であったり、国や市であります。なのでお墓に納骨するのと同様に散骨するまでには様々な問題や課題がありあます。ここで重要になってくるのが、未来を考えて自分の将来のことを考えて事前に調べておくことが必要不可欠です。死という避けて通りたい話のキーワードではありますが日常の会話の中でも少しずつ話していき実際その時が来た時に困らないような心構えと事前の準備が自然葬にはとても重要なことなのです。

遺書を残すことももちろん大事なことと思いますが、まずは家庭内で先のことを常に意識し話ができる状況作り、そして常に死という事から目を逸らさず自分はどうしたいのかという意見をしっかり持つ事が重要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*