自然葬とはどのようなものでなぜ増えているのか

自然葬という言葉をよく耳にするようになってきています。自然葬とは、これまでのようにお墓を用意して、納骨するという形式とはまったく異なり、お墓もいらず、葬儀もこれまでの葬儀に比べると、まったく違うものになっています。墓でなく、海や山などに遺体や遺灰を還すという、自然の大きな循環の中に回帰していこうとするものです。風葬、鳥葬、水葬、火葬、土葬、植樹葬、冷凍葬などが広い意味ではとらえられますが、最近需要が大きくなってきている自然葬とは、海や山などに遺体や遺灰を還すというものです。

江戸時代中期から、今日にいたるまで、墓を造って、お参りするということが自然と行われてきました。しかし、ここへきて、その制度では時代に合っていないと考える人が増えてきました。その理由は、少子化、核家族、高齢化などによりますが、残された家族への負担を少なくしたいというものです。余計な心配や費用の負担をなくしたい、遠い場所へ墓参りさせたくない、自然に還るのが一番といった考えからです。

確かに、故人の意思が、自然葬とはっきり決まっていたのであれば、家族もそれに従いますし、また、費用もかなり軽減されますので、負担は少なくて済みます。そして今、日本で一般に行われている自然葬というと、山へ遺灰の一部を撒く「散骨」と、墓標として墓石の代わりに樹木を植えて埋葬する「樹木葬」なのです。確かに、墓の必要がなく、自然破壊の観点からもやさしいものとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*