大いなる自然への循環、自然葬

近年の日本において、その人のライフスタイルやニーズに合わせて、様々な生活様式や文化の多様化が定着しつつあります。そしてそれは葬儀においても同じことで、近年では故人の意志により多様な葬儀のスタイルが導入されつつあります。その中でも、最近特に注目されているのが自然葬でしょう。このお葬式のスタイルは、従来から葬儀で行われるように、故人の遺灰などを決められた墓地の中に収めるという方法ではありません。

この葬儀の方法では、お亡くなりになった方の遺灰などを、山や海などの大いなる自然の中に回帰させていこうという葬儀の方法をとっています。この自然葬では遺灰などを、かつて故人が愛した自然のロケーションなどに散布することが、日本では現在主流のようです。この方法は散骨とも呼ばれ、日本で言うところの自然葬は主にこの方法が主流となっているようですね。そして海外においては遺灰の散布などの方法のほかに、土葬や風葬、樹木葬、鳥葬などが含まれており、その国や地域の風習のより多様な形の自然回帰の葬儀が行われているようです。

そしてこの自然葬ですが、通常の墓所に遺骨や遺灰を納める葬儀と異なり、この方法では通常の墓地にあるような墓標というものが存在しません。近年の少子高齢化により、先祖代々の墓を守ることがより難しくなった現在では、墓参や定期的な手入れの必要な墓地に変わり、手入が不必要かつ墓地を持たなくても済む、これらの葬儀のスタイルに益々人気が集まっていくことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*