増加傾向にある「自然葬」とは?

近年、テレビや雑誌などで「お墓」について取り上げられることが増え、自分のためのお墓を用意する活動「墓活」も大きな話題となりました。これには少子化の進行や家族制度の変化により、子孫が先祖代打のお墓を守っていくという従来の形式が維持できなくなっていることが背景にあります。そこで注目されるのが「自然葬」です。お墓や墓標などの人工物を建てることなく、「遺骨を自然に還す」というこの埋葬スタイルにはどんなものがあるのでしょうか。

自然葬の中でも多くの方が既に利用し始めているのが「樹木葬」です。シンボルとなる木の根元や庭園、里山風の自然の中に遺骨を埋葬するというこの方法は、「死後は自然の中でゆっくり眠りたい」「生き物の一つとして自然に還りたい」という日本人が古来から持つ死生観にもマッチするためか需要は伸びており、多くの霊園や団体が取り入れ始めています。多くの場合はお墓を持つより費用が安く済む、また継承者がいなくても問題ないという点も人気の理由のようです。また、遺骨を粉状に砕いた遺灰を海や山、空中などから撒くのが「散骨」です。

一見問題のある行為のように思われますが、1991年に関係省庁から「葬送の方法として節度あるやり方でやる限りは法律上の問題はない」という見解が発表されてから注目を集めるようになりました。故人の思い出のある海などに遺族や知人が出向き、故人を偲びながら遺灰を撒くという方法で行われることが多い散骨。最近では船やヘリのチャーターや遺骨を砕く道具の手配を代行してくれるサービスもあるようです。このような自然葬は、人々のニーズの変化やサービスの進化により、今後も増えていくと思われます。

喪服のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*